日本歯科予防協会トップ

トップ歯科予防とはお問い合わせ入会案内会員専用

マウスガードとは


ここではマウスガードZ・プロモデルについてご説明いたします。

カスタムメイドタイプとは個々の歯形にもとづいて歯科技工士が製作するもので、適合性が高いマウスガードとして安全性は勿論、装着時における口呼吸や発声にも支障がないのですべてのスポーツ(競技中)にお使い頂けます。
1.脳震盪
2.顎関節疾患
3.下顎骨骨折
4.口腔周辺部裂傷
5.歯の外傷
上記の問題に対して効果があります。

スポーツマウスガードの必要性


安全とパワーアップにマウスガード装着の習慣を身につけましょう。

マウスガード装着による衝撃力の緩和には、材料自体がエネルギーを吸収する。そして残りのエネルギーを他へ広く拡散することで衝撃の集中を防げることにあります。
そこでカスタムメイドタイプのマウスガード[個々の口腔内に合わせ作製したもの]は適合性を重視して作られているため外力による衝撃を吸収し、脳・歯・歯茎・顎関節へのダメージを最小にしてくれます。特に小児のマウスガード使用は衝撃による脳へのダメージを和らげる効果が学術的に実証されており、その重要性は世界的に義務付けされる方向に進んでおります。既に米国でのコンタクトスポーツはマウスガード装着の義務付けをしており、特に小児のスポーツ使用率においては90%を超える状況です。

トップ歯科予防とはお問い合わせ入会案内会員専用



会員ログイン会員専用コミュニティー

特定非営利活動法人
日本歯科予防協会

Japan Dentistry Prevention Society of NPO

兵庫県尼崎市塚口町4丁目12−9