トップ歯科予防とはお問い合わせ入会案内会員専用

「歯科予防−それは歯科による予防医学と抗加齢学の実践」を広めるため、私たちは様々な事業を企画し運営しております。

スキーム一覧

「歯科予防」をキーワードに、歯科医院、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手などの歯科医療従事者を束ね、また歯科学生にも加わって頂きながら、歯科関連製品メーカー及び販売会社、歯科医院運営支援サービス提供企業とも連携しご協力いただきながら、また行政機関や他の関連する各種団体とも提携を惜しまず、歯科医療環境の向上と、一般向けには歯科を通して体全体の健康の維持向上に資するべく、組織し運営し社会貢献を果たすため、わたしたちは日夜邁進してまいります。

以下で、現在運営中の事業や近日始まる予定の事業、また今後予定している企画段階の事業について概要をご紹介いたします。

会員専用コミュニティーの運営

日本歯科予防協会コミュニティー歯科医療関係者への情報提供および情報共有・交換を主軸に置いた、会員(利用許可ユーザーも含む)専用コミュニティーを運営しております。

このコミュニティーでは、歯科医師は賛助会員としてのご参加をいただいております。その他、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、歯科学生、歯科関連製品メーカーまた販売会社やその担当者、ならびに歯科医院をサポートする様々なサービスを提供する企業やその担当者には利用許可ユーザーとして広く門戸を広げております。

広く門戸を広げることで、抱えている課題や問題を話し合い、解決の糸口を見いだしたり提案を受けたりすることが相互にできるでしょう。

また、企業においても“今必要とされるものは何か”等の情報収集や、製品の告知などにご利用いただくことも可能です。そういった情報を受け取る側は、しつこく売り込まれることがありませんので、情報に対して冷静に判断した上で導入可否の検討材料としていただくことができます。ある場合は提供された製品やサービスへの改善提案や意見を述べることも可能になります。

このコミュニティーにご参加いただいている歯科医師賛助会員から、後述する「歯科予防推奨認定制度」へのご協力を仰ぎ、歯科予防の推進と発展に寄与していただく計画です。

このコミュニティーに参加するには、現在の利用許可ユーザー以上の方からのご紹介メールを受け取った上でご参加いただくことができます。なお、ご紹介者がいらっしゃらない場合は事務局にご相談ください。

歯科予防推奨認定制度

歯科予防推奨品マーク「歯科のアプローチから取り組む予防医学」という観点から、厳選された商品に協会推奨認定を与える事業を行っております。

この推奨マークは、当協会に所属する歯科医師チームが歯科医療現場での臨床で使用することによって得られたデータを元に、

  • 予防医学に貢献しうる製品であるか
  • 安全性について
  • 歯科医師として進めうるに値する製品か

などのような他にも数多くの項目を医師の厳しい目から見てクリアした製品にのみ付与されます。

推奨認定をお受けになりますと、日本歯科予防協会の歯科医師会員全てに推奨品であることが告知されます。また、本会運営の専用SNSコミュニティーに広告を掲載したり、コミュニティーを立ち上げてより臨床に近い現場からの情報を収集し議論を深めたりできるでしょう。歯科医師会員としても、より一層バランスととれた観点から製品の導入を検討することに役立つことでしょう。

推奨認定をお受けになりますと「歯科予防推奨品」マークが付与されます。推奨認定をお受けになった製品自体にこのマークを付けて販売することや、インターネットやテレビなどマスメディアでの宣伝に用いることを許可(*1)します。また、本会ウェブサイトに推奨品リストが掲載され、消費者はその製品が歯科予防協会認定の推奨品であることを確認できる仕組みを提供します(予定)。

推奨認定をお受けになった製品は歯科医師の厳しい審査をクリアした製品として、予防医学やアンチエイジング(抗加齢医学)に貢献する歯科製品であることの証が付与されることになり、消費者にとっては製品選択の1つの指標となることでしょう。

マークの認知度が上がるにつれ、メーカー相互で切磋琢磨し、さらに競争力のある製品を生み出すことで、消費者の歯科IQのさらなる向上や歯科医療環境の発展と発達が促され、『歯科予防』の大切さを一層認識していただけるものと期待しております。

(*1)使用については一部制限がございます。詳細は「歯科予防推奨認定制度」をご覧ください。

※歯科予防推奨認定制度にご興味のある企業様へ。
歯科予防推奨認定制度について」をご覧ください。

歯科予防管理士・指導員 資格制度(計画)

口腔ケアが、からだ全体の健康増進に影響を与えることを考え、「歯科予防」を一般に普及啓蒙するリーダーを養成するため、「歯科予防管理士・指導員」資格制度を運営します。

「歯科予防管理士・指導員資格制度」は、医療現場で活躍する歯科衛生士や歯科助手のさらなる信頼度と地位向上を目指したものです。−歯科予防管理士上級指導員

また、本協会が定める歯科予防に関する知識を習得したと見なされた方々も有資格者になることができます。−歯科予防管理士一般指導員

有資格者は本会の会員専用コミュニティーや推奨歯科医院データベースにアクセスすることが許可されますので、この資格を有する方々は本会に関与される企業様や歯科医療関連職に就職や転職を希望される場合などに有利に働くことが期待できるでしょう。またお住まいの地域への情報提供やお仕事での活用を通して、ご自身の地位向上と、歯科予防の普及と啓蒙に貢献していただけるものと期待しております。

博士号学位推薦制度(計画)

歯科予防推進に貢献した方に対して、博士号の学位付与を推薦する制度がございます。提携する学位付与審査をおこなうNPO団体を通して博士号に値するかどうかの審査を行います。

博士号取得には論文作成と英文での提出が必要になります。

トップ歯科予防とはお問い合わせ入会案内会員専用

会員ログイン会員専用コミュニティー



特定非営利活動法人
日本歯科予防協会

Japan Dentistry Prevention Society of NPO

兵庫県尼崎市塚口町4丁目12−9